水

ウォーターサーバーの電気代は?
美味しいお水のレンタル料は?
ウォーターサーバー用ボトルの料金は?
ウォーターサーバーの水は何がいい?
ウォーターサーバーの安全性は?
業者によって水も性能も違う?
ウォーターサーバーの水は腐らない?
お茶やコーヒーにも水は使える?
赤ちゃんでもウォーターサーバーの水は使える?
ペットにもウォーターサーバーの水は使える?

ウォーターサーバーの電気代は?

日本でも3.11以降、各家庭にウォーターサーバーが1台あるような時代になってきましたね。
特に小さなお子さんなどが居る家庭では重宝されているのではないでしょうか。
数年前では、お水のみのウォーターサーバーが多く出回っていましたが、現在は冷水も温たかいお湯もきれいなものがいつでも利用できるものが主流です。

このウォーターサーバーは、
http://xn--gckg0b0b8evmbbb4085kkloah5oru5g.com/にもあるようにメーカーによって本体のレンタル代やボトルの価格などはもちろん変わってきます。
毎月何本というペースで配送されるものもあれば、週ごとに本数を変えられたりミネラルウォーターの成分の違うものを取り扱っていてそれぞれ価格が異なるものを
扱っているメーカーなどもあります。

またhttp://xn--z9j7ej2c8b2f6nbbb6269l3kpaq21ihje.comにも書いてあるように、本体価格などもさまざまですが、ウォーターサーバーを使用するに当たっては当然電気代も必要になってきます。
この電気代には差はあるのでしょうか。
いつでも冷水でも熱湯でも使えると言うことが売りのこの製品ですから、冷蔵庫と同じように24時間電源はつけっぱなしになりますので、月々の電気代も気になりますよね。
ウォーターサーバーの電気代は平均して月に約1000円前後と言われていて、同じような働きをする電気ポットを利用しているのとほぼ同様と言えるようです。
ただし、電気ポットは暑いお湯しか利用できませんので、同じ電気代で熱いお湯も冷たいお水も利用できるというのはお得と言えます。

更に、最近は電気ポットをりようしている時の半分や10分の1の電気代で済むというエコなウォーターサーバーも増えています。
電気ポットを使うのは冬場が多いから、一年間を通して考えると電気ポットの使用頻度は少なく、電気代も本当は少ないのでは?と思いがちですが、
夏場など、冷たいミネラルウォーターを飲むときは冷蔵庫からペットボトルなどを出して飲みますよね?
冷蔵庫の開け閉めの電気使用量はとても大きいので、飲み物をいちいち冷蔵庫を開け閉めして取り出すことを考えると、やはりウォーターサーバーを利用したときの方が
電気代は安く押さえられると言えるのではないでしょうか。
ウォーターサーバーを使用する上で、節電の方法などもあります。

電源を入れっぱなしだから電気代がかかる=寝るときには消すなどとするのが良いわけではありません。
ウォーターサーバーは基本的に24時間いつでも冷水・温水として使用できるためのものですので24時間電源が入っている状態を仮定しています。
ですので、いちいち電源を切ったり入れたりすることによって冷蔵庫の開け閉めと同じように余計な電気代がかかってしまったり、ボトルのお水の衛生状態も心配になります。
電源は24時間つけっぱなしにしておくのが理想です。

では、どうやって電気使用量の節約をするのかというと、冷水の温度設定を高めに設定したり温水の温度を低めに設定することが一番の節約方法です。
エアコンの節電の方法と同じと考えるとわかりやすいですよね?
基本的に冷水は5度、温水は90度くらいで設定されていますが、それを1度づつでも変えるだけでも違いは出ますし、うまく調整して使用していくと24時間電源は
つけっぱなしでも15%~25%もの節電ができると言われています。
ウォーターサーバー比較サイトhttp://xn--gckg0b0b8evmbbb4571m14od.bizも是非ご覧になってみてください。