水

ウォーターサーバーの電気代は?
美味しいお水のレンタル料は?
ウォーターサーバー用ボトルの料金は?
ウォーターサーバーの水は何がいい?
ウォーターサーバーの安全性は?
業者によって水も性能も違う?
ウォーターサーバーの水は腐らない?
お茶やコーヒーにも水は使える?
赤ちゃんでもウォーターサーバーの水は使える?
ペットにもウォーターサーバーの水は使える?

ウォーターサーバーの安全性は?

3.11の震災以前は店舗や企業での設置が主で、家庭用のものはまだ少なかったウォーターサーバーですが、震災後からは家庭用に小さめサイズやチャイルドロック付などの
製品に開発されて、今では家庭への普及もどんどん進んでいます。
そんな中、家庭内に設置するようになってくると心配になってくるのはウォーターサーバーの安全性です。

実際に消費者センターへの相談として、
『チャイルドロックを子どもが外せてしまう』『ウォーターサーバーの温水口部分を触れて火傷をした』『ウォーターサーバー本体の裏面の金具で手を切った』などと
いうものがあるようです。

またhttp://www.zkaradza.com/にも詳しく掲載されているように、ウォーターサーバーの安全性として考えると、お水に関してはどこのメーカーも品質は最高であると言えますが、ではサーバー本体やウォーターボトルなどの
衛生面ではどうでしょうか。
ウォーターボトルにはガロンタイプとワンウェイタイプがあり、ウォーターサーバーの普及はじめごろはお水を使い終えたら容器を回収してもらうガロンタイプの
ウォーターボトルが通常でしたが、ここ数年ではお水が終わったら容器を廃棄(リサイクル処理)するワンウェイ方式のウォーターボトルが半分を超すようになってきたようです。
その背景にはプラスチック容器の原料に使用制限がついたものがあるためですが、実際の衛生面ではどちらも遜色ないというのが結果のようです。

衛生面により配慮したいご家庭やボトルを置く場所がないという方はワンウェイ方式のウォーターボトル、より環境面に配慮したものを使いたいという方は
ガロンタイプがおすすめです。
また、チャイルドロックは温水側に標準装備されていることが多いですが、メーカーによっては有料のオプションとなっている場合もありますので、
小さなお子さんが出入りする状況にあるものではチャイルドロックの有無も調べる必要がありそうです。

ただし、いくら小さな子どもが操作できないようになっていたとしても、3歳以上の知識のついてきたお子さんがいじっていて外せないとも限りませんし、
熱いものがでる口はやはり熱くなっていることも多いので、できる限りウォーターサーバー付近で遊ばない、触らないというようにしておいたほうが良いでしょう。

ウォーターサーバー自体のメンテナンスに関しては3年経過すると新しいものに無料交換してくれるメーカーがほとんどですが、更に衛生面で気をつけたいと思っている方には
年に1度など行ってくれるメーカーもありますので調べてみましょう。
ただし、1年程度でのメンテナンスになると有料のメーカーが多くなります。
こちらの「カラダにやさしい水について」http://www.poppiswim.com/の記事も注目してみましょう。