水

ウォーターサーバーの電気代は?
美味しいお水のレンタル料は?
ウォーターサーバー用ボトルの料金は?
ウォーターサーバーの水は何がいい?
ウォーターサーバーの安全性は?
業者によって水も性能も違う?
ウォーターサーバーの水は腐らない?
お茶やコーヒーにも水は使える?
赤ちゃんでもウォーターサーバーの水は使える?
ペットにもウォーターサーバーの水は使える?

ウォーターサーバー用ボトルの料金は?

ご家庭使いでも人気のウォーターサーバー。

今では配送料金が無料や、サーバー本体のレンタル価格が無料のものも多く、比較的ご家庭でも取り入れやすい価格になってきていると言えます。
24時間っ電気を通しっぱなしの電気代も平均して月に1000円程度で、今では節電対策も進み、今までの電気料金の半額から10分の1に押さえられるものまであります。
これらのことから、純粋にお水の価格でメーカーを選ぶことができるようになったとも言えますね。

ウォーターサーバーのお水の種類は大きく分けて2種類あります。
通常ペットボトルでミネラルウォーターとして販売されているものと同じような、ろ過・沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない、
特定水源から採取された地下水を利用した天然水のお水と、特殊なROフィルターを通して水に含まれる不純物や重金属、細菌などまでを取り除き、
より純粋に近い水になっているRO水に分かれます。

平均するとRO水を使用したウォーターサーバーの方が若干価格が抑えられているようですが、その差は500円~1000円程度で、ペットボトル1本に換算すると
(500ml)10円程度の差になります。
ウォーターサーバーのボトル1本の価格は、ボトル1本(約12L)1200円前後~1900円程度となっていますが、取り扱いメーカーによって一度に注文できる単位が変わることが
一番注意が必要かもしれません。
一番多い注文単位は2本以上(だいたい24L)から注文OKのメーカーが多いですが、3本以上(36L)や中には6本以上(37.2L)からの注文となっているメーカーもあります。

ウォーターサーバーを取り入れようと思った場合、単にウォーターボトルの価格だけを調べるのではなく、家族構成なども考えて月にどの程度のお水が必要になるのかなども
考慮してメーカーを選ぶことも大事かもしれません。
RO水のウォーターサーバーは、RO水自体の価格は天然水よりも低価格ですが、サーバーレンタル費がかかるメーカーが多く、送料・サーバーレンタル費・ウォーターボトル
全ての費用を含めた平均価格は3500円程度。
天然水のウォーターサーバーの平均価格は3670円程度と平均すると大きな価格の差はないようです。