水

ウォーターサーバーの電気代は?
美味しいお水のレンタル料は?
ウォーターサーバー用ボトルの料金は?
ウォーターサーバーの水は何がいい?
ウォーターサーバーの安全性は?
業者によって水も性能も違う?
ウォーターサーバーの水は腐らない?
お茶やコーヒーにも水は使える?
赤ちゃんでもウォーターサーバーの水は使える?
ペットにもウォーターサーバーの水は使える?

ウォーターサーバーの業者によって水も性能も違う?

ウォーターサーバーは業者によって水自体も、またサーバーの性能にも違いがあります。
お水は大きく分けると『RO水』と『天然水』に分けられますが、天然水の種類は水源などによって富士山や日田、またバナジウム天然水などさらに分かれています。
ウォーターサーバー業者によって、取り扱いしている水の種類が全く違いますので、単に価格だけなどで決めずにお水の種類を比べてみるのも良さそうです。

ウォーターサーバーの性能http://www.dracutplumbing.com/については、省エネ、衛生面、ボトルの交換方法、チャイルドロックなど細かな性能が業者によって特徴がそれぞれあるようです。
まずウォーターサーバーを利用しようかどうしようか考えたときに一番気になるのは、ウォーターサーバーは冷蔵庫のように24時間電気をつけっぱなしにしているものになりますので、
月々の電気代が気になります。
ウォーターサーバーにかかる月々の電気代はおよそ1000円/月と言われ、湯沸しポットなどと同様の電気料金といえます。
ただし、細菌は省エネタイプのものも開発されてきていて、電気代が通常(平均)の半分というものもいくつか出ており、さらには3分の1以下というものまで開発されていますので、
月々300円~500円程度の電気使用量で利用できると言うことになります。

またhttp://www.landnp.jp/にも書いてあるように、ウォーターサーバーを主に使うことになる主婦の立場から考えると、ウォーターサーバーに取り付けるボトルの仕様も気になるところです。
一番多いタイプはやはりサーバーの上部にボトルを差し込む形状となりますので、10キロ以上もあるボトルを持ち上げてセットすることを考えるとサーバー自体の高さも
ポイントになりそうです。
さらにはボトルのセットする部分がサーバー上部ではなく下部にセットすることができるものもありますので要検討事項かもしれません。

チャイルドロックに関しては、ほとんどのメーカーで温水側にチャイルドロックの設定がされています。
冷水のほうにはチャイルドロックがないことの方が多いですが、オプションとして取り付けることも可能です。

お水にお金を掛けるわけですから、やはり気になるのは衛生面でしょうか。
衛生面での性能を考える上で比較する事項としては、
『次世代型無菌エアーシステム』『抗菌ランプ』『定期メンテナンス』などというワードが注目されます。

次世代型無菌エアーシステムは、ワンウェイ式のウォーターサーバーにあり、ウォーターボトルの水が減るにしたがって容器もへこむことで、空気などに含まれる雑菌などを
入り込ませない仕組みになっています。
ガロン式のウォーターサーバーには抗菌ランプが搭載されていて、水が減ることによってボトルに入った空気の雑菌などに対応してくれます。
ウォーターボトルの種類によって衛生面に影響があるということは考える必要はなく、サーバーレンタル料金がかからない分メンテナンスがなかったりなどという面で
考えたほうが良さそうです。