水

ウォーターサーバーの電気代は?
美味しいお水のレンタル料は?
ウォーターサーバー用ボトルの料金は?
ウォーターサーバーの水は何がいい?
ウォーターサーバーの安全性は?
業者によって水も性能も違う?
ウォーターサーバーの水は腐らない?
お茶やコーヒーにも水は使える?
赤ちゃんでもウォーターサーバーの水は使える?
ペットにもウォーターサーバーの水は使える?

お茶やコーヒーにもウォーターサーバーの水は使える?

オフィスやお店に置いてあるのが一般的だったウォーターサーバーですが、最近はご家庭仕様でも人気があり、キッチンやリビングに置けるようなサイズのものまで様々あります。
ウォーターサーバーのお水は冷たくて美味しく感じますが、このお水でお料理やコーヒーなどを淹れてみると違いはあるのでしょうか。

実はウォーターサーバーのお水には大きく分けて2種類があります。
1つは市販されているペットボトルと同じ天然水のミネラルウォーターを使用したもの。
そしてもう1つはRO水と呼ばれ、さらに細かなものまでをもろ過して限りなく純水に近いお水にしたものがあります。

ミネラルウォーターには種類があって、お水の硬度がそれぞれ変わってきます。
日本人に適しているのは軟水で、軟水は和食に向いていますが、硬水の方がパスタを茹でたり肉料理などに適していると言われています。
特にご飯を炊く際には軟水が向いています。
日本で多く出回っているミネラルウォータータイプのウォーターサーバーは軟水のタイプが多いので、日本人の好きな和食作りの味を更に美味しく仕上げてくれると言えそうです。

では、RO水はどうでしょうか。
RO水はミネラルウォーターのようにお水自体の味を楽しめるというものではなく、お水自体に味がほとんどしない状態になっています。
それは、RO水はお水の味を左右するミネラルまでもがろ過されているので、味や匂いまでもがしないわけです。
(RO水のウォーターサーバーでも、お水そのものにお水らしい味がするようにわざとミネラルを足しているものもあります。)
ですので、コーヒーやお茶などの味が、水道水で淹れたときよりも更にそのものの味が引き立つようになります。

ウォーターサーバーのお水(お湯)で淹れたコーヒーと、水道水で淹れたコーヒーを比べてみると、本当にその差は歴然だと言います。
ウォーターサーバーのお水は、美味しいお水がいつでも飲めるだけでなく、美味しいコーヒーやお料理までもができちゃう優れものなのです。