水

ウォーターサーバーの電気代は?
美味しいお水のレンタル料は?
ウォーターサーバー用ボトルの料金は?
ウォーターサーバーの水は何がいい?
ウォーターサーバーの安全性は?
業者によって水も性能も違う?
ウォーターサーバーの水は腐らない?
お茶やコーヒーにも水は使える?
赤ちゃんでもウォーターサーバーの水は使える?
ペットにもウォーターサーバーの水は使える?

ウォーターサーバーレンタル料は?

数年前にオフィスや飲食店などで見かけるようになり、現在では各家庭でも気軽に取り入れることができるようになっているくらいの普及率のウォーターサーバー。
取り扱いメーカーも全国どこでも配送可能なメーカーで20社あり、地域限定のメーカーも合わせればさらにたくさんあります。
送料は実質無料のメーカーがほとんどです。
http://xn--gckg0e8bzevco2lb.tv←にも詳しく掲載されています。
そんなウォーターサーバーのメリット・デメリットがこちらにかいてあります。


ウォーターサーバーを利用する為には料金がかかります。
お水自体の価格はもちろんですが、それ以外にサーバーレンタル代やメンテナンス代がかかってきます。

実は、サーバー本体のレンタル代も無料のメーカーが増えているのをご存知でしょうか。
全国どこでも配送可能なメーカー20社のうち、16社もがサーバーレンタル料が無料になっています。
ウォーターサーバー利用のメリットは他にもあります。

ウォーターサーバー代金が月額でかかるもので一番安い価格は500円/月。
一番高くても1050円となっていて、平均しても700円円程度となっていますので、無料レンタルサーバーを利用している人と有料レンタルサーバーを利用している人の
価格の差は1000円未満と言えます。
ですので、ウォーターサーバーを比較、検討するのであれば、毎月のお水代金やレンタルサーバー代金などよりも、メンテナンス費用や解約時手数料なども参考にしたほうが
良さそうです。

毎月のお水の価格など目先の安さに目がいきがちですが、毎月かかる費用の差はあまり大きくありませんので、セルフメンテナンスが毎月必要で年に1度は業者の
メンテナンスが必要なサーバーであるか、メンテナンスフリーのものであるかなど、長く使うものですので、先を見て決めたほうが良さそうです。

また、http://xn--gckg0e8bzevco2lb4788elchyx2i.comにも書いてあるように『新規のお申し込み月のみ無料』などとウォーターサーバーを広める為のキャンペーンを行っている業者も多くあります。
知名度がまだまだ低く、知名度を上げるためのメーカーで良くありますが、良く知られているメーカーではあってもキャンペーン期間などで無料となっている場合もありますので、
使い続けても無料のものなのか、それとも無料は期限付きのものなのかもきちんと見極めましょう。

知名度がまだまだのメーカーであっても、品質に問題のあるメーカーは日本ではまずありませんが、人気のメーカーはやはりそれだけ人気のサービスが支持されているという
ことでもあると思いますので、ウォーターサーバーのメーカーを決めるのに困ったしまったら、認知度で決めてみるのもいいかもしれません。
口コミなどで人気やおすすめされているウォーターサーバーも調べてみましょう。